福島県選手団に永井ら 11月12日福島で「東日本女子駅伝」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島陸上競技協会は24日、第33回東日本女子駅伝競走大会の本県選手団を発表した。主将は永井加奈(白鴎大4年、会津高卒)が務める。

 大会は11月12日。コースは福島市の信夫ケ丘陸上競技場を発着点に9区間、42・195キロ。本県選手団の結団式は4日、同競技場で行われる。

 監督=阿部縁(桃陵中教)▽コーチ=畑中良介(田村高教)渡部裕也(若松一中教)▽支援コーチ=斉藤修(郡山萌世高教)内桶あさ美(植田東中教)▽トレーナー=稲垣良輔(だいとう整骨院)▽マネジャー=三浦善和(いわき光洋高教)▽選手=永井加奈(白鴎大4年、会津高卒)渡辺唯(国士舘大1年、田村高卒)古寺冴佳、阿比留悠奈(学法石川高3年)水沼梨香子、新後優希(同2年)平野佑果、門馬琴実(田村高3年)鈴木葵(福島明成高3年)鈴木美乙梨(会津高2年)小松和(植田東中3年)内山伊織(天栄中3年)大河原萌花(矢吹中2年)▽強化育成選手=成沢夢叶(郡山七中2年)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる