女子・学法石川「2連覇」、4区間で区間賞 福島県高校駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子】2連覇の指を掲げ、ゴールテープを切る学法石川のアンカー湯田

 男子第62回、女子第35回県高校駅伝競走大会は26日、猪苗代町総合体育館カメリーナ前を発着点とする男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われ、男女とも学法石川が優勝した。女子は2年連続4度目の優勝。両チームは京都市で12月24日に開かれる全国大会に出場する。22校が出場した女子は学法石川が5区間中4区間で区間賞を取り、他校を寄せ付けない盤石のレース運びで頂点に立った。男女上位各5校は11月9日に山形県長井市で開かれる東北大会に出場する。

 学法石川は4区間で区間賞を獲得する圧巻の走りを見せ、都大路への切符を得た。松田和宏監督が「1区で流れをつかむ」と3年連続で1区を任せたエース古寺冴佳(3年)は、期待に応える3年連続の区間賞で連覇の原動力となった。

 1区後半、古寺と並走する走者の息づかいが荒くなる。落ち着いてペースを上げると、足音が後ろに遠ざかっていった。最もきつい終盤の跨線橋前では、松田監督と須賀川一中時代の恩師穴沢正人さんから声援を受け、一気にラストスパートをかけた。

 前回大会以降、古寺にとって苦しんだ1年だった。アキレス腱(けん)のけがで今春は走ることができなかった。共にリハビリしていた水沼梨香子(2年)と涙しながら「走りたいね。絶対強くなるから頑張ろう」と体幹を中心に鍛え直し、レースに復帰した。その水沼が待つ2区へ、誰よりも早くたすきをつないだ。

 完勝したレースを「チームとして100点だった」と振り返る古寺。自身3度目となる全国の舞台に向けては「チームで1時間10分を切って、順位は過去最高10位台を」と目標を掲げ、さらに成長した姿を見せることを誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み