田村、男女ともに2位...牙城を崩せず悔し涙 福島県高校駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 田村は7年連続の男子2位。またも王者学法石川に都大路への道を阻まれた。

 田村の音部広宣(3年)は1区で学法石川のエース半沢黎斗(同)と競った。7~8キロと9キロ過ぎの2度トップに立って「相手の焦りを誘おうと揺さぶり、崩しに掛かった」。白熱のトップ争いの最後は、わずかにリードを許した。1秒差で2区粠田健司(同)にたすきを託し、3区までの互角の勝負につなげた。

 「気持ちで負けず、粘りの田村を体現できた」と音部。優勝は逃したが「大学でも陸上を続けたい」と手応えも感じた様子だった。

              ◇

 2年連続で学法石川の牙城を崩せずレース後、田村の女子選手たちに悔し涙があふれた。

 1区を任された門馬琴実(3年)は同区間を走る学法石川のエース古寺冴佳(同)と対決。スタートから2キロでトップは2人の争いに。ペースが速く残り2キロで離された。それでもレース前に選手5人でそれぞれの手に書いた「信」の文字を見ながら懸命に古寺の背中を追い続けた。「3年生全員で走れたことはうれしかった。仲間、自分を信じて走れた」と話し、目に涙を浮かべる門馬。3年間の集大成に悔いはなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず