元五輪代表・高橋千恵美さん『走るコツ』指導 天栄中生に伝授

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
高橋さんから走るこつを学ぶ参加者

 天栄村の子どもたちの夢実現に向けた挑戦を支援する村の事業「こども未来応援事業」の一環で、シドニー五輪の陸上女子1万メートルなどで活躍した高橋千恵美さんが10月22日、同村の天栄中を訪れ、生徒らに走りの極意を伝えた。

 同校の内山伊織さん(3年)や、後藤さくらさん(同)、広戸小の石井陽大(はると)君(2年)がトップ選手との交流を望んだことから実現した。天栄中の女子駅伝部員や石井君ら計14人が参加した。

 高橋さんは参加者と準備運動をしたり、走るフォームを確認したりして、速く走るこつを指導した。指導を受けた内山さんらは「フォームを再確認できた」と納得した様子だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る