元気に走って復興発信 相馬市子ども駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
勢いよくスタートする子どもたち

 第6回相馬市子ども駅伝競走大会は29日までに、同市の市民会館を発着点に開かれ、子どもたちが健脚で地元の復興を発信した。

 市、市教委の主催、福島民友新聞社などの後援。力走する子どもたちの姿を通して地元の元気をPRし、地域活性やスポーツ振興につなげようと開催している。

 今回は113チーム約620人が出場。馬陵通り、田町通りをコースに、選手が学年や性別ごとの9部門で500~5千メートルを走った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる