東洋大・相沢、駒大・高本ら登録 箱根駅伝・エントリー選手

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年1月2、3日に行われる第94回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各16人以内)が10日に発表され、総合4連覇を目指す青学大は2本柱の田村和希と下田裕太らをメンバー登録した。前回大会で山上りの5区を走った貞永隆佑や中村祐紀は外れた。10区間のエントリー選手は29日に決まる。

 県勢は東洋大の相沢晃(2年、学法石川高卒)や駒大の高本真樹(4年、学法石川高卒)らがエントリーした。今年復路6区を走った駒大の物江雄利(3年、喜多方高卒)はエントリーされなかった。ほかの県勢エントリーは次の通り。

 順大=山田攻(学法石川高卒)▽国士舘大=八巻雄飛(福島成蹊高卒)住吉秀昭、戸沢奨、鼡田章宏(田村高卒)▽城西大=山本竜也(学法石川高卒)鈴木勝彦(二本松工高卒)▽東京国際大=真船恭輔(学法石川高卒)▽関東学連=阿部涼(学法石川高卒)

 箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる