学法石川男女メンバー「自信持って走る」 全国高校駅伝壮行会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
激励を受けた陸上競技部のメンバー=学法石川高

 全国高校駅伝競走大会(24日・京都市)に男女で出場する学法石川高陸上競技部の壮行会は19日、石川町の同校で開かれ、選手らが決意を述べた。

 森涼校長が「努力してきた成果を思う存分発揮し、全国に学法石川の名前をととどろかせてほしい」とあいさつ。男子の半沢黎斗(3年)が「優勝を目指し、チームの代表として自信を持って走りたい」、女子の古寺冴佳(同)が「一人一人がベストを尽くし、10位以内を狙っていきたい」とそれぞれ抱負を述べた。

 男子は7年連続9度目、女子は5年連続5度目の出場。選手らは21日に京都市に向けて出発する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン