学法石川駅伝メンバーが京都へ 24日全国高校駅伝競走大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大会への意気込みを語る選手たち

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会に男女で出場する学法石川の選手たちは21日、舞台となる京都市へ出発した。大会は24日、同市の西京極陸上競技場を発着点に開かれる。

 出発式が西郷村のJR新白河駅で行われ、森涼校長、鈴木美夫陸上部OB・OG会長がメンバーを激励。松田和宏監督が「男女とも上位入賞を目指したい」とあいさつ。選手を代表して男子の半沢黎斗さん(3年)が「支えてくれた仲間の分まで頑張りたい」、女子の古寺冴佳さん(同)は「最高の結果を持ち帰りたい」などと意気込みを語った。

 保護者会から必勝を祈願したリボンが贈られた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる