学法石川・男女『上位』目指す 「全国高校駅伝」24日スタート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
上位を狙う学法石川高男子

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会は24日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われる。都道府県代表の男女各47校が都大路を駆け抜け、高校駅伝「日本一」を争う。本県からは男女とも学法石川が出場。男子は7年連続9度目、女子は5年連続5度目。開会式は23日午後3時から同市体育館「ハンナリーズアリーナ」で行われる。24日のレースは女子が午前10時20分、男子が午後0時30分スタート予定。

 『雪辱』燃えV狙う

 【男子】5000メートルの平均タイムは出場校中、佐久長聖(長野)に次ぐ全国2番目。全国屈指のチーム力で、全員が実力を発揮すれば上位入賞が見えてくる。今夏のインターハイ1500メートル優勝のエース半沢黎斗(3年)は今回も1区起用が予想され、先攻できるかが鍵を握りそうだ。昨年はアクシデントもあり42位と悔しさを味わった。半沢や3年の芳賀宏太郎、久納碧ら昨年のメンバー6人が残り、雪辱に燃える。半沢は「昨年のリベンジを目標にやってきた。チームとして自信を持っている。優勝を目指したい」と意気込む。

 最高順位へ『闘志』

 【女子】県大会を連覇し5度目の都大路に挑む。昨年は健闘したが、35位に終わった。過去最高は初出場だった2013(平成25)年の20位。悔しさをばねに成長したチームは過去最高順位を目標に据える。3度目の出場となる経験豊富な古寺冴佳(3年)が軸。エースの力強い走りがチームに勢いを与える。昨年を知る水沼梨香子(2年)らのほか赤間陽菜(1年)も力強い。1区から波に乗れば上位をうかがえる。古寺は「それぞれがベストを尽くし、学石史上最速のタイムで10位以内を狙っていきたい」と闘志を燃やす。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる