「全国高校駅伝」24日号砲 学法石川男女が開会式で上位へ闘志

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
レースでの健闘を誓う学法石川男女チーム=23日午後、京都市・ハンナリーズアリーナ

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会は24日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われる。都道府県代表の男女各47校が出場。本県代表は男女とも学法石川で、男子は7年連続9度目、女子は5年連続5度目の出場。23日は、ハンナリーズアリーナ(京都市体育館)で開会式が行われ、選手たちがレースでの活躍を誓った。大会は女子が午前10時20分、男子が午後0時30分スタート予定。

 【男子】序盤で勝負流れつくる

 7人中5人が昨年も都大路を経験。5000メートルの持ちタイムが上位の選手を序盤に配置し、前半から積極的に仕掛ける。

 最長10キロの1区は主将の半沢を起用。昨年、体調不良で最下位に終わった同区間で雪辱を期す。下りコースの2区にスピードのある久納、上り坂が続く3区には芳賀を起用、力のある3年生が流れをつくり、後半につなぐ。県予選以降、自己ベストを伸ばした横田は4区に抜てきした。

 松田和宏監督は「3区の芳賀まで踏ん張ることができれば上位を狙える」と期待を込めた。

 【女子】「花の1区」が浮上の鍵

 昨年も出場した3人が前半の1~3区に顔をそろえた。唯一の3年生古寺は2年ぶりにエース級が集う「花の1区」を走る。最長区間で流れをつくれるかが上位浮上の鍵となりそう。

 2区以降は全員2年生。2年連続出場の2区・水沼、3区・新後が経験を生かし、上位に食らい付きたい。4区の井沢は距離は短いがアップダウンのあるコースで踏ん張り、最終5区の南條につなげる。

 昨年は35位。前半で波に乗り、後半に粘り強い走りを発揮できれば、過去最高順位の20位を上回る10位台も見えてくる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる