高橋尚子さんが実演指導 いわきサンシャインマラソンまで50日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
参加者と一緒にランニングする高橋さん(前列左)と金さん(同右)=いわきグリーンベース

 来年2月11日にいわき市で開催される「第9回いわきサンシャインマラソン」のプレイベントとして、シドニー五輪女子マラソンの金メダリスト高橋尚子さんと多くの五輪選手を指導したプロランニングコーチ金哲彦さんによるランニングクリニックが23日、同市のいわきグリーンベースで開かれた。参加者が本番まで50日に迫った大会に向けて走り方のこつを学んだ。

 東日本大震災の復興支援活動を展開するチームスマイルの"わたしの夢"応援プロジェクトの一環。県内から約130人が参加した。

 高橋さんと金さんは腕の振り方や下半身の使い方など、長距離を走り抜く上で有効な走法を実演しながら指導した。

 金さんは「走る際、着地した足に重心がしっかり乗っていることが大事」などとポイントを説明。参加者は指導を受けた注意点に気を付けながら理想的な走法の習得に取り組んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「全国都道府県対抗駅伝」上位入賞誓う 福島県選手団・結団式