「全日本実業団駅伝」1日号砲 福島県勢は5区・今井正人など

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 元日恒例の全日本実業団対抗駅伝(群馬県庁前発着=7区間、100キロ)に出場する37チームのオーダーが31日に決まり、前回覇者で最多22度の優勝を誇る旭化成は創部以来初の外国人選手、アブラハム・キプヤティチを2区(8.3キロ)に入れた。前回4区で区間賞の市田孝はスピード区間の3区(13.6キロ)に回し、鎧坂哲哉を7区(15.5キロ)に配置した。

 県勢はトヨタ自動車九州の今井正人(原町高卒)が5区、富士通の星創太(会津工高卒)が7区、日清食品グループの武藤健太(田村高卒)は3区にエントリー。日立物流の日下佳祐(小高工高卒)は4区、マツダは円井彰彦(田村高卒)を1区に配置した。八千代工業の柳原貴大(会津学鳳高卒)は3区、警視庁の安島慎吾(勿来工高卒)は7区、住友電工は遠藤日向(学法石川高卒)を1区に起用した。ヤクルトの高宮祐樹(二本松工高卒)、SUBARUの吉田憲正(田村高卒)、警視庁の佐藤辰準(安達高卒)、渡部良太(南会津町出身)、サンベルクスの中村大介(いわき総合高卒)は補欠で登録されている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手