東洋大が4年ぶり箱根駅伝・往路V 2区・相沢「借り返せた」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
区間3位の快走を見せ、先輩の山本にたすきを渡す相沢(左)=戸塚中継所

 第94回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107.5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、昨年総合2位だった、酒井俊幸監督(学法石川高卒)の率いる東洋大が5時間28分29秒で4年ぶり6度目の往路優勝を果たした。総合4連覇を目指す青学大が36秒差の2位につけた。

 県勢は7人が出場し、東洋大の2区に起用された相沢晃(2年、学法石川高卒)が区間3位の走りで首位を守った。順大の山田攻(こう)(3年、同)が5区で昨年までの区間記録を上回る走りで区間4位。駒大の高本真樹(まさき)(4年、同)も区間記録を更新し、区間7位だった。3日の復路は5区間、109.6キロで争われる。

 東洋大・相沢が区間3位の好走

 「昨年悔しい思いをしたので、その借りをしっかり返せた」。各校のエースがそろう「花の2区」で、東洋大の相沢晃(2年、学法石川高卒)は、区間賞に3秒まで迫る区間3位の1時間7分18秒で快走。体調を崩し出場できなかった昨年の雪辱を果たし、チームの往路優勝に貢献した。

 2区の8キロ付近の横浜駅前を通過中、昨年の自分の姿を思い出した。1年先輩の山本修二が声援を受けながら駆けていく様子を、相沢はその場で眺めていた。相沢は1年生だった昨年の大会で2区にエントリーされていたが、ノロウイルスで体調を崩したため、当日は出場がかなわなかった。前回の光景が脳裏に浮かび、「絶対借りを返そう」という思いがこみ上げてきた。

 1日の全日本実業団対抗駅伝(前橋市)で、1区で区間賞を獲得した学法石川高の後輩・遠藤日向(住友電工)の活躍も刺激になった。遠藤の走りをテレビで観戦した相沢は「負けていられないと思った」と奮起した。

 トップでたすきを受け取り、序盤から積極的にレースを展開。後続との差を維持し続けたが、20キロ付近から中継所まで続く終盤3キロの上り坂で、表情が険しくなった。「きついと分かっていたが思っていた以上だった」。3区の山本にたすきを渡すと、死力を尽くした相沢は膝から崩れ落ちた。

 昨年11月の全日本大学駅伝(名古屋市―三重県伊勢市)の1区で区間賞を獲得後、めきめきと力をつけてきた。「チームのエースの(山本)修二さんに負けないように。エースの座を奪ってやろうという気持ちで走った」。20歳の表情には自信がみなぎっていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「全国都道府県対抗駅伝」上位入賞誓う 福島県選手団・結団式