「都道府県対抗男子駅伝」21日号砲 遠藤日向ら擁し初優勝目標

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は21日、広島市の平和記念公園前を発着点に7区間、48キロで行われ、各都道府県の代表ランナーが古里のプライドを懸けてたすきをつなぐ。開会式は20日午後4時から同市の広島国際会議場で行われる。

 本県代表は初優勝を目標に掲げ、連続入賞を逃した昨年28位からの飛躍を目指す。アンカーは箱根駅伝往路エース区間の2区で区間3位と好走した相沢晃(東洋大2年、学法石川高卒)が務める見通し。全日本実業団駅伝1区で区間賞のふるさと選手、遠藤日向(住友電工、学法石川高卒)は3区が濃厚。高校生区間の1区、4区、5区は全国高校総体1500メートルで日本高校歴代2位のタイムで優勝した半沢黎斗(学法石川高3年)、芳賀宏太郎(同3年)、音部広宣(田村高3年)らの走りで上位へ押し上げる。全国中学駅伝大会2区で区間新の快走を果たした林晃耀(湯本一中3年)など中学生選手も、全国トップクラスの選手がそろう。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる