快晴祈願...『特大てるてる坊主』 いわきサンシャインマラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大会当日の好天を願い、特大てるてる坊主にレイを掛けた清水会長(中央右)と坂本副会長(同左)=1日、いわき市役所

 いわき市で11日に開かれる第9回いわきサンシャインマラソンに向けて実行委員会は1日、市役所で恒例の「快晴祈願」を行い、庁舎内に特大のてるてる坊主を設けて開催当日の好天を願った。

 快晴祈願は大雪のために中止となった第5回大会以降、毎年行われている。会長を務める清水敏男市長が「過去最多のエントリーがある今大会、快晴で行われるよう皆で願いましょう」とあいさつ。副会長の坂本満恵市体育協会長と共に高さ約150センチの特大てるてる坊主にレイを掛け、祈願した。

 てるてる坊主は9日まで、市役所本庁舎1階に設置され、大会前日に開かれるウエルカムパーティーの会場でも展示される予定という。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる