「郡山市まちなか子ども夢駅伝」5月26日号砲 大会概要決まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市の中心市街地を子どもたちが駆け抜ける「2018郡山市まちなか子ども夢駅伝競走大会」は5月26日、同市中町のなかまち夢通りで開かれる。実行委員会が6日、同市で第1回実行委を開き、大会概要を決めた。

 大会は同市中央商店街振興組合、市体育協会、福島民友新聞社でつくる実行委員会の主催、郡山商工会議所、市商店街連合会、福島中央テレビ、ふくしまFMの共催。

 競技は男女混合の幼稚園児と小学1・2年、男女別の小学3・4年、5年、6年の8部門で実施。コースは1周450メートル。幼稚園児は1周、小学1・2年と3・4年は5周、5、6年は10周を各チーム5人で走り、たすきをつなぐ。荒天の場合、翌5月27日に延期。参加申し込みは4月14~27日で、参加料は1チーム3000円。

 実行委では実行委員長に斎藤淳宏市中央商店街振興組合理事長を選任後、大会の実施要項や日程を話し合った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる