被災地現状その足で...南相馬起点に「駅伝」 3月31日スタート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 南相馬市と浪江町を一本のたすきでつなぐ南相馬市"避難解除"復興祈念駅伝は31日、南相馬市鹿島区から浪江町までのコースで行われる。昨年、南相馬市鹿島、原町、小高の3区をつないだ駅伝は、昨年3月に一部地域を除き避難指示が解除された浪江町までコースが延びる。関係者は、復興を目指す地元に明るさと気力を届けたいとたすきに願いを込めて準備を進めている。

 「昨年は分断されていた南相馬市3区を一本のたすきでつないだ。今年はそのたすきを、新たに避難指示が解除された浪江町まで届けるという思いで走ってみようと考えた」。駅伝を主催している南相馬市のランニング任意団体「チームM4」のメンバーで実行委員を務める市立総合病院医師の小鷹昌明さん(50)は、駅伝にそんな思いを込めた。

 前回は南相馬市鹿島区のJR常磐線鹿島駅から同市小高区の小高駅までの19キロのコースを3区に分けて、たすきでつないだ。今回は距離が延び、南相馬市鹿島区のみちのく鹿島球場をスタートし、陸前浜街道(旧国道)を南下して浪江町役場に隣接する仮設商業共同施設「まち・なみ・まるしぇ」を目指す31.7キロのコース。スポーツジャーナリストの増田明美さんをゲストランナーに迎える。

 第1回の昨年の駅伝には、県外からの参加者も多かったという。小鷹さんは「駅伝は被災地の現状を伝える情報発信にもなる。みちのく鹿島球場からは風力発電装置が見え、まち・なみ・まるしぇは復興拠点でもある」とし、復興の象徴的な場所をじかに見て、被災地の現状を感じ取ってもらうことを願う。

 駅伝は31日午前10時30分にスタートする。コースを4区間に分けて、第1走者が7.9キロ、第2走者が7.4キロ、第3走者が6.1キロ、第4走者が10.3キロを走る。

 午前9時に浪江町の権現堂区集会所に集合する。参加資格はゆっくりでも約10キロの距離を走れる人。参加費は1000円で、昼食代や保険料などを含む。ゴール後、懇親会を開く。

 定員は50人で、事前申し込みが必要。先着順で定員に達し次第締め切る。また、ランナーを支援するスタッフも募集している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、センバツ「16強」逃す 神奈川・東海大相模に3-12