たすきつなぎ現状『実感』 南相馬市「避難解除」復興祈念駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
声援を受けゴールする参加者。前方右はゲストランナーの増田さん=31日、浪江町

 南相馬市と東京電力福島第1原発事故による避難指示が帰還困難区域を除いて昨年3月末に解除された浪江町を1本のたすきでつなぐ南相馬市"避難解除"復興祈念駅伝が31日、南相馬市鹿島区から浪江町までの31.7キロコースで行われた。ランナーやスタッフなど約80人が参加し、復興が進む両市町の現状を実感していた。

 駅伝は2017(平成29)年3月に初開催された際、南相馬市鹿島区のJR常磐線鹿島駅から同市小高区のJR小高駅まで19キロのコースを3区に分けて行われた。南相馬市とともに浪江町にも明るさと気力を届けようと今回は同町まで距離を伸ばし、4区に分けてたすきをつないだ。

 参加ランナーは南相馬市鹿島区のみちのく鹿島球場を出発、浪江町役場に隣接する仮設商業共同施設「まち・なみ・まるしぇ」を目指し、力走を繰り広げた。スポーツジャーナリストの増田明美さんがゲストランナーとして参加し、参加者たちと交流した。

 県内出身の司法書士仲間に声を掛けられ、参加した司法書士の男性(62)=東京都=は「初めて相双地方を訪れた。復興が進んでいるところ、進んでいないところを肌で感じた。来年以降ももっと多くの仲間に声を掛け参加したい」と話した。駅伝を主催した南相馬市のランニング任意団体「チームM4」のメンバーで、実行委員を務める同市立総合病院医師の小鷹昌明さん(50)は「来年以降も開催したい」と多くの参加を喜んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手