ハーフ男子・岡崎、ハーフ女子・篠崎V 川内の郷かえるマラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
川内選手(左)から福島民友新聞社のトロフィーを受けた篠崎さん(中央)

 川内村で28日に開かれた「第3回川内の郷かえるマラソン」では、ハーフマラソン男子の部で岡崎友哉(東京都)が1時間13分31秒で2年連続で総合優勝を果たした。県勢はハーフ男子30~39歳で地元の猪瀬祐輔(川内村)が優勝した。

 ハーフマラソン女子の部は、埼玉県の会社員篠崎理紗さん(26)が1時間23分19秒で総合優勝し、福島民友新聞社のトロフィーなどが贈られた。

 篠崎さんは同じ埼玉県民の川内優輝選手のファンで「川内選手と一緒に走りたい」との思いから初めて参加した。レース中に川内選手とすれ違い「元気をもらった」と話した。

 表彰式では、川内選手からトロフィーを手渡され「とても幸せ。沿道からの温かい応援もあり、最後まで笑って走ることができた」と満面の笑みを浮かべた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ25校闘志