ボストンV・川内優輝選手『川内』凱旋RUN 3年連続で参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
サインに応じる川内選手

 川内村で28日に開かれた「第3回川内の郷かえるマラソン」では、ボストン・マラソンで日本勢31年ぶりの優勝を果たした川内優輝選手(埼玉県庁)が3年連続で参加し、ファンと交流を深めた。過去最多となった1793人のランナーも声援を送る地元住民と触れ合い、村が活気付いた。

 ボストン・マラソン優勝で一層注目を集めた川内選手はオープンカーで会場に登場すると、地元住民は歓声を上げ、拍手が巻き起こった。川内選手はサインや記念撮影に応じ、「温かい声援がうれしい」と感慨深げな表情を浮かべた。

 村民はボランティアとして活躍し、大会の成功を支えた。川内小の児童と川内中の生徒は、ゴール付近で力を振り絞るランナーに並走して励ました。実行委のメンバーは川内村産のもち米で作った紅白の「福餅」をまくなど、ランナーを温かくもてなした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる