千葉真子さん「ランニング」方法伝授 正しいフォームなど学ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちがランニングの方法を指導する千葉真子さん(右)

 2003(平成15)年世界陸上マラソン銅メダルの千葉真子さんを講師に招いたチャリティーイベントが7日、南相馬市原町区で開かれ、子どもたちがランニングの方法を学んだ。

 南相馬市のランニングクラブMAXが主催、湘南国際マラソン実行委員会と東日本大震災復興支援財団が支援した。小学生を対象としたランニング教室と中高生を対象とした半年間の指導プログラム初回講習が行われた。

 中高生を対象とした指導プログラムでは、中高生6人が1000メートルを走りタイムを測った後、千葉さんから正しいフォームや練習のこつなどを学んだ。みんな、目を輝かせながら指導を受けていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 100回目の甲子園へ戦い始まる