「1000キロ縦断リレー」福島県入り 有森裕子さんら意気込み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
笑顔でゴールテープを切る走者=相馬市役所

 青森県から本県など東日本大震災の被災地を通り、東京都まで約1600人がたすきをつなぐ「未来(あした)への道 1000km縦断リレー」の走者が31日、本県入りした。

 この日のゴール地点となった相馬市役所で式典が行われ、8人が同市の向陽中吹奏楽部の演奏に迎えられテープを切った。立谷秀清市長が「市を挙げて歓迎したい」と述べた。

 ゲストでバルセロナ五輪女子マラソン銀メダリスト有森裕子さん、北京五輪競泳銅メダリスト宮下純一さんが「熱い思いをつなぎたい」とゲストランナーとしての意気込みを述べた。

 この日は宮城県庁から相馬市役所まで11区間75キロを56人で走破した。1日は相馬市役所から県庁まで89.7キロを走る予定。県内では4日まで、郡山市の開成山陸上競技場やいわき市のスパリゾートハワイアンズなどをたすきでつなぐ。

 リレーは7月24日に青森市をスタート、今月7日に東京・駒沢公園にゴールする予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる