「伊達ももの里マラソン」猛暑で1時間繰り上げ 8月26日号砲

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 26日に伊達市で開かれる「第58回伊達ももの里マラソン大会」は、猛暑を考慮して時間を1時間繰り上げて行われる。10日、市役所で開かれた実行委役員会の臨時会で決めた。

 競技は午前7時に始まり、同8時20分までに全ての参加者がスタートする。繰り上げを受け、前日の25日に予定していた前夜祭を中止する。参加者には、はがきで日程の繰り上げを周知する。前夜祭の申込者には参加料を返金する。

 大会は福島民友新聞社などの共催で、5982人がエントリー。同市の保原中央交流館前を発着点に1キロ、2キロ、3キロ、5キロ、10キロの5コース37部門で行われる。問い合わせは実行委事務局の市スポーツ振興公社へ。実行委員長の菅野善昌市教育長が「酷暑が続いている。参加者の安全を確保したい」とあいさつ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる