安西秀幸さん「向上心大切」 会津若松市まちなか子ども夢駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちと走る安西さん

 アーケードが復活した会津若松市の神明通りで14日に開催された第12回「2018会津若松市まちなか子ども夢駅伝競走大会」。好天にも恵まれ、子どもたちが城下町の中心市街地を元気に駆け抜けた。

 ゲストランナーは箱根駅伝で駒沢大の主将を務め総合優勝に貢献、実業団でも活躍した安西秀幸さん(会津高卒、会津若松市出身)が参加した。

 レースに伴走し選手を引っ張ったほか、神明通り沿いで選手の走りを解説した。

 「思ったよりいい走りができていて、完成している選手が多い」と安西さん。「大事なのは強くなろう、早くなろうという気持ち。僕がそうだったように、才能がなくても努力をすれば高校や大学でも活躍できる」と向上心の大切さを訴えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

青山学院大・原監督...怒るより『アドバイス』 箱根駅伝4連覇