「ふくしま駅伝」いわき市が総合連覇 町・石川、村・泉崎制す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2年連続の総合優勝を飾ったいわき市のアンカー賀沢拓海=県庁前

 第30回記念市町村対抗県縦断駅伝競走大会(ふくしま駅伝)は18日、白河市のしらかわカタールスポーツパーク(白河市総合運動公園)をスタート、県庁をゴールに16区間95キロで行われ、いわき市が5時間1分4秒で2年連続の総合優勝を飾った。町の部は石川町、村の部は泉崎村が制した。

 福島陸協などの主催。県内59市町村から連合チームを含む53チームが出場し、たすきをつないだ。

 いわき市は、トップと20秒差の4位でたすきを受けた2区の櫛田佳希(学法石川高3年)が首位に立ち、そのままトップを譲らなかった。

 いわき市アンカー・賀沢「楽しんで走れた」

 「沿道の声援も大きかった。楽しんで走れた」。2連覇を果たしたいわき市のアンカー賀沢拓海(平成国際大4年)は左手の指を2本立て、笑顔でゴールテープを切った。

 賀沢は前半の下りでスピードに乗ると2位の石川町に約1分の差を付けた。「最後のレースでアンカーを任せてもらい、優勝できてうれしい。最高のレース」。就職を機に陸上人生にピリオドを打つ賀沢は名残惜しそうにゴールを見つめていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み