腕の振り方など走る基本学ぶ 郡山でトップアスリート養成教室

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップ選手の指導を受ける参加者

 郡山市は23日、同市の郡山ヒロセ開成山陸上競技場で「トップアスリート養成教室」を開き、中、高校生がトップ選手の指導を受けた。

 福島大トラッククラブの二瓶秀子ヘッドコーチ、東邦銀行陸上部の吉田真希子コーチや青木沙弥佳選手ら計6人が講師を務めた。選手たちは100メートル、200メートル、400メートル、800メートルや障害など種目ごとに分かれ、腕の振り方や足の上げ方、踏みきり方法などの基本を学んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

全国高校駅伝3位・学法石川...次はライバル!箱根駅伝で会おう