学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
活躍を誓う(左から)森校長、横田主将、佐々木主将、木村部長

 23日に京都市で開かれる全国高校駅伝競走大会に男女そろって出場する学法石川高陸上競技部男子の横田俊吾主将(3年)と女子の佐々木優佳主将(同)は10日、出場あいさつのため福島民友新聞社を訪れた。

 横田主将は「3位以内に入るのが目標。練習をちゃんと積んできており、あとは結果を出すだけ」、佐々木主将は「練習で底上げができているので、入賞を目標に選手一人一人が頑張っていきたい」とそれぞれ抱負を述べた。五阿弥宏安社長が激励金を贈った。森涼校長と木村雅俊部長が同行した。

 一行は同日、県庁で内堀雅雄知事にも出場を報告した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」組み合わせ決定 7月10日開幕へ闘志