学法石川・松田監督「今後も結果残す」 全国高校駅伝3位報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全国高校駅伝で3位入賞を報告する学法石川高・松田陸上部監督

 京都市で昨年12月に開かれた全国高校駅伝で3位入賞を果たした学法石川高男子チームの入賞報告会は25日、石川町の松多屋で開かれた。同校陸上競技部OB・OG会の主催。

 鈴木美夫会長が全国高校駅伝や全国都道府県駅伝での部員の活躍をたたえた。森涼校長が支援に感謝を伝え「手応えを感じ、頂が少しずつ見えてきた」と述べた。

 松田和宏監督は「序盤から攻めの走りができた。感謝の気持ちを忘れず、今後も結果を残せるようにしたい」と決意を語った。

 全国高校駅伝では、選手全員が区間10位以内の快走を見せ、2015(平成27)年大会で同校が記録した県高校記録を塗り替える2時間2分52秒のタイムで同校過去最高順位を達成した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球・支部予選」開幕 福島県大会、県北支部で熱戦