富岡未来の渡辺と三橋、初の栄冠 高校総体・バドミントン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
富岡未来の渡辺と三橋、初の栄冠 高校総体・バドミントン

【バドミントン男子ダブルス決勝】巧みなコンビネーションで優勝を飾った富岡・ふたば未来の三橋(手前)・渡辺組=京都府長岡京市・西山公園体育館

 京都府長岡京市の西山公園体育館などで5競技を行った全国高校総合体育大会(インターハイ)第15日。県勢はバドミントン男子ダブルスの渡辺勇大・三橋健也組(富岡・ふたば未来3年)が初の栄冠をつかんだ。渡辺はシングルスも優勝を飾り、個人2冠を達成した。

 「柔」と「剛」。バドミントン男子ダブルスは、タイプのそれぞれ異なる渡辺勇大、三橋健也(富岡・ふたば未来3年)が互いの力を融合して「日本一」の座を射止めた。「ホッとしている。結果が残せて良かった」と晴れやかな表情の渡辺。三橋は「優勝は通過点。この経験を次のステップにつなげたい」とさらなる高みを見据えた。

 前衛と後衛をコート内でローテションする巧みなコンビネーションや、要所でたたみ掛ける集中力。初戦から全6試合がストレート勝ちと、相手に付けいる隙を与えなかった。渡辺は冷静さを保ち、柔らかいラケットさばきからネットのぎりぎりにシャトルを落とす「ヘアピン」で相手を翻弄(ほんろう)。三橋は気迫を前面に出しながら、強烈なスマッシュを繰り出した。集大成の舞台で持ち味を発揮、歯車ががっちりとかみ合った。

 団体戦は準決勝で敗退した。雪辱に燃える中、三橋はシングルスの準決勝で涙をのみ、渡辺との対決はかなわなかったが「気持ちを切り替えた」と執念を見せた。

 よきライバルであり、実力を認め合う仲間。渡辺は世界の舞台で活躍するOBの桃田賢斗選手の名前を挙げ、「同じ土俵で戦えるようになりたい」と将来像を思い描く。次世代を担うホープ2人が、日本のバドミントン界に新たな風を吹き込む。