はつらつプレー「盆野球」 川内で帰省した住民ら熱戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
はつらつプレー「盆野球」 川内で帰省した住民ら熱戦

古里のグラウンドで熱戦を繰り広げる選手ら

 「盆野球」として親しまれる川内村の夏季野球大会は13日、同村総合グラウンドで始まり、避難先などからも帰省した住民らが野球を通じて親睦を深めた。

 村や村体育協会の主催で毎年開催されており、今年で68回を数える同村のお盆の恒例行事。昨年より2チーム多い、村内の各行政区や企業などでつくる9チーム選手約150人が参加。トーナメントで熱戦を繰り広げた。

 この日はあいにくの雨まじりの天候となったが、それぞれのユニホームに身を包んだ選手らが古里のグラウンドではつらつとしたプレーを披露した。大会は14日まで開かれる。

民友セレクション