福島県選手団916人、メーン会期21日開幕 東北総体

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県スポーツ課は14日、岩手県で行われる第42回東北総合体育大会メーン会期の競技に出場する本県選手団を発表した。メーン会期は21日から3日間。本県選手団は佐藤金正県体育協会副会長を団長に役員、監督、選手916人。県総合体育大会陸上女子100メートルで優勝した渡辺真弓(東邦銀行)、全国高校総合体育大会(インターハイ)で優勝した男子バドミントンシングルスの渡辺勇大(富岡・ふたば未来)、同ダブルスの渡辺・三橋健也組(富岡・ふたば未来)、ウエイトリフティングの青木智也(田村高)らに期待がかかる。本県選手団の結団式は19日に福島市の県文化センターで行われ、ソフトボールの室井梨央(帝京安積高)が決意表明する。 

民友セレクション