県警OB・今野が活躍、日本準V W杯マスターズウエイト

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2015ワールドカップマスターズウエイトリフティング選手権大会は現地時間の13日、米国ダラス市で開かれ、団体戦で今野金哉(66)=福島市、県警OB=を含む日本が準優勝に輝いた。優勝は米国だった。

 団体戦は、10〜13日に行われた各国8人の個人戦の成績で争われた。今野は10日にM65(男性65〜69歳)77キロ級で3位に入り、団体戦準優勝に貢献した。今野は「団体戦で昨年はメダルを取れなかったので、悔しさを晴らせた」と語った。