いわき・磐崎が8強 全中・軟式野球

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき・磐崎が8強 全中・軟式野球

【磐崎--赤見】7回裏磐崎1死三塁、小林が中前にサヨナラ安打を放つ=ほばら大泉球場

 全国中学校体育大会第4日は20日、伊達市のほばら大泉球場などで行われ、軟式野球はベスト8が決まった。開催地代表の磐崎(いわき市)は赤見(栃木)と対戦。2--1でサヨナラ勝ちし、21日の準々決勝に駒を進めた。磐崎はあづま球場の第1試合(午前9時開始予定)で北部(富山)とベスト4を懸けて戦う。

 小林が「サヨナラ打」

 試合を決めた瞬間、自軍のベンチに向かって右手を突き出し喜びを表現した。磐崎は同点で迎えた7回1死三塁、小林葵(3年)が中前にはじき返し、サヨナラ勝ちした。殊勲打の小林は「チャンスをつくってくれた仲間に応えたかった。次も1点の重みを大切にしたい」と声を弾ませた。

 試合は1点を争う好ゲームとなった。磐崎は2回、大田原悠(3年)の適時打で先制。先発小山泰生(同)は直球、変化球を低目に集める投球で5回までスコアボードに0を並べた。

 6回に同点とされたが、攻撃では果敢な走塁を見せ勝利をたぐり寄せた。7回に四球で出塁した大山凌(同)が相手守備陣の隙を突いて二進、続けて三塁を陥れてサヨナラの好機を演出した。普段から「次の塁を狙う」意識で練習してきた成果を発揮した。

 7回1失点と好投した小山は「全国の舞台で手応えをつかめた。目標は日本一」と力強い。頂点を目指す磐崎の夏はまだ続く。