ホープスが4連勝  群馬に14−0

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ホープスが4連勝  群馬に14−0

【群馬--福島ホープス】群馬打線を7回無失点に抑えた福島ホープスの先発高塩=高崎市城南球場

 (28日・高崎市城南球場ほか=4試合) 福島ホープスはビジターで群馬ダイヤモンドペガサスと対戦した。17安打、14得点と打線が爆発、14--0で4連勝を飾り、首位とのゲーム差なしの2位。

 2本塁打を含む4安打5打点と火を噴いた1番岡下のバットがホープスを大勝に導いた。初回は二塁打で出塁すると、続く笹平の左前打、貴規の二塁打で先制のホームを踏んだ。2回1死一塁からは左翼に2点本塁打、8回2死二、三塁の場面では、3点本塁打をたたき込み、勝負強さを発揮した。投手陣は高塩、大家、栗山のリレーで相手打線を無失点に封じた。

 後期の通算成績は15勝13敗1分け。今季は残り7試合。次戦は29日、白河市の白河グリーンスタジアムで群馬と対戦する。30日は同スタジアムで富山GRNサンダーバーズに挑む。いずれも午後1時開始予定。

 4日のいわき開催は「人形の東月マッチ」 

 プロ野球独立リーグのルートインBCリーグ公式戦「福島ホープス--新潟アルビレックスBC」は9月4日午後1時から、いわき市のいわきグリーンスタジアムで「人形の東月GROUPマッチデー」として行われる。観戦無料。

 「人形の東月」が、スタンドに投げ込まれるカラーボールを獲得した観戦者に、食事券や宿泊券などを贈る特別イベントを実施する。