ボンズにユースチーム  10月発足、年代別で一貫教育

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは28日、下部組織となる「ユースチーム」を10月に発足すると発表した。年代ごとの三つのチームでバスケットボールの一貫教育を行い、ファイヤーボンズをはじめ国内外のチームで活躍する選手の育成を目指す。

 チームはU--9(9歳以下)U--12(12歳以下)U--15(15歳以下)でミニバスケットボールチームやスポーツ少年団、ファイヤーボンズバスケットスクールなどに所属する男子が対象となる。定員は各20人。

 現在、県内で展開しているバスケットボールスクールとは異なり、入団できるのはトライアウト(選考会)合格者のみ。活動は、U--9が郡山市の体育館で年間20回、U--12とU--15は郡山、須賀川、田村各市の体育館などで年間40回行う予定で、大会にも出場する。U--9は月7560円、U--12とU--15は月1万2960円必要となる。

 9月にトライアウト 

 福島ファイヤーボンズは9月23日、郡山市の郡山総合体育館でトライアウトを行う。参加費2000円。

 時間はU--9が午前9時30分、U--12が正午、U--15が午後2時30分からで藤田弘輝ヘッドコーチらが審査員を務める予定。

 問い合わせは福島スポーツエンタテインメント(電話024・927・0777)へ。

民友セレクション