会津工の佐藤が大会新V 女子200自は星野が制す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津工の佐藤が大会新V 女子200自は星野が制す

【女子200メートル自由形】2分9秒48で制した星野美沙希(日大東北)=会津水泳場

 第50回県高校新人体育大会水泳競技最終日は6日、会津若松市の会津水泳場で14種目を行い、男子50メートル自由形は佐藤隆之介(会津工2年)が24秒57の大会新で制した。

 女子50メートル自由形は国分香奈(日大東北2年)が26秒76、同100メートル背泳ぎは安田広佳(橘2年)が1分3秒63の大会新をマーク。男子100メートル平泳ぎは渡辺周斗(湯本1年)が1分7秒36で、女子200メートル自由形は星野美沙希(日大東北2年)が2分9秒48で優勝した。

 「しっかり泳げていたのでタイムは出ると思っていたが驚いた」。女子200メートル自由形で2分9秒48を記録した星野美沙希(日大東北2年)の笑顔がはじけた。

 前半はハイペースで、後半はペースが落ちないよう耐えるのが持ち味だ。「予選からキックの調子が良かった」とレース序盤で先頭に立つと、100メートルを1分1秒台で折り返し、後続を振り切った。50メートルと100メートルが専門だが、200メートルの出場を見据え、100メートルを1分4秒台で泳ぐ練習を繰り返し、持久力をつけた。「練習が実を結んだ。今後は水をかく力を強化したい」とさらなる高みを目指す。

民友セレクション