ブレイズ"守乱"で大敗 アイスホッケー・アジアリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブレイズ

【フリーブレイズ--日本製紙クレインズ】ゴール前に攻め込むFW山本

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは12日、各地で3試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナで日本製紙クレインズと対戦、2--7で大敗を喫した。

 フリーブレイズは第1ピリオド、日本製紙に2点を先制されると、続く第2ピリオドにも立て続けに3点を奪われ、一挙に5点差を付けられた。それでもFW山本などのアシストでFW山田淳が1点を返すと、最終の第3ピリオド開始直後にもFW水内がゴールを決め3点差に迫ったが、守備に精彩を欠き、さらに2点を失い勝負を決められた。

 次戦は13日、同会場で日本製紙と対戦する。午後3時試合開始予定。

民友セレクション