富岡高の三橋が単複2冠 バドミントン・ジュニア国際

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンのオーストラリア・ジュニア国際大会は13日、オーストラリアのバララトで行われ、男子シングルス決勝で三橋健也(富岡高)が奈良岡功大(青森・浪岡中)を下して優勝した。三橋は渡辺航貴(埼玉栄高)と組んだダブルスの決勝でもフィリピンのペアに勝って制した。

 2冠を達成した三橋健也(富岡高)。国際大会の優勝は3月のオランダジュニア選手権ダブルス以来で、大堀均監督は「国際大会の2冠は快挙」と喜んだ。