先発・高塩、4回の四球を悔やむ 地区チャンピオンシップ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
先発・高塩、4回の四球を悔やむ 地区チャンピオンシップ

【福島ホープス−新潟】先発し力投する福島ホープスの高塩

 「4回の四球がすべて」。先発した高塩将樹は勝敗を分けたシーンを振り返った。4回2死から二塁打を浴びると、自らの連続四球で傷口を広げた。満塁から許した連続適時打が、そのままチームの黒星につながった。

 勝てば、BCLチャンピオンシップが大きく近づく一戦。「気持ちが入った」という思いそのままの力投だった。3回には打率リーグトップの新潟打線から3三振を奪うなど、序盤は互角の勝負を見せただけに、悔しさは大きかった。「少しの隙が命取りになる」。重要な初戦を任された責任を胸に漏らした高塩の言葉は、短期決戦の厳しさを物語っていた。

 貴規、一矢報いる

 相手左翼手の前に打球が落ちると、福島から駆け付けたファンから大きな歓声が上がった。6回1死満塁、貴規は「やっとつくった好機。なんとしても得点がほしかった」と外角の変化球に食らいつき、新潟に一矢報いた。

 徹底的にインコースを攻められ、最初の2打席は凡退。3点を先制されただけに、「このままでは終われない」と闘志に火が付いた。迎えた第3打席は外角の球にしっかりと下半身を残した一打を放ち、相手に技を見せつけた。

 次戦に敗れれば、シーズンが終了する。「調子が悪いとかいってられない。勝つしかない」。第2戦での勝利に向け、表情を引き締めた。