福島ホープスの岩村監督続投へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 リーグ参入1年目のシーズンで福島ホープスを東地区後期優勝に導いた岩村明憲選手兼任監督(36)が来季も続投する見通しであることが21日、チームを運営する福島県民球団への取材で分かった。

 同球団は岩村監督の手腕を高く評価しており、岩村監督は複数年でのチームづくりを見据えているという。契約は基本的に1年ごとの更新で、岩村監督は昨年11月の就任時に「1年ごとに勝負を掛けて全力でやりたい」と話していた。

 福島ホープスは前期が8勝25敗4分けで4位に終わったが、後期が20勝13敗3分けで優勝。プレーオフの東地区チャンピンシップでは、地区優勝を逃した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション