「二本松A」が2年ぶりに頂点 市町村小学生ソフトテニス

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
4連覇したFCレガッテ

 第14回県市町村対抗小学生ソフトテニス大会最終日は22日、福島市のあづま総合運動公園テニスコートで1~4部の2次予選リーグと決勝トーナメントを行った。1部決勝は二本松市Aが2―1で須賀川市Aを破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。最優秀選手賞は二本松市Aの松本詩生(しゅう)(油井小6年)保住弥英(石井小4年)組、優秀選手賞は須賀川市Aの橋本蒼弥(阿武隈小6年)会田楓輝(ふうき)(柏城小6年)組が選ばれた。県ソフトテニス連盟の主催、福島民友新聞社の共催、県北ソフトテニス連盟、福島市ソフトテニス協会、県ソフトテニス連盟小学生委員会の主管。

 閉会式では県ソフトテニス連盟の渡辺知会長が「さらにレベルの高いプレーを目指してほしい」とあいさつ、入賞者に賞状やトロフィーを手渡した。

民友セレクション