女子単で富岡高・仁平が準V 全日本ジュニアバド

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
女子シングルスで準優勝した仁平

 バドミントンのJOCジュニアオリンピックカップ・第34回全日本ジュニア選手権最終日は23日、埼玉県久喜市総合体育館で男女シングルス、ダブルスの決勝などを行い、女子シングルスで仁平菜月(富岡高)が準優勝した。このほか県勢は男子ダブルスで山沢直貴・本田大樹組(富岡高)が準優勝した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る