「ブレイズ」連敗止める アイスホッケー・アジアリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―ハイワン】パックをめぐり激しく競り合う選手ら=韓国・高陽アイスリンク

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは26日、各地で4試合を行った。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は韓国・高陽(コヤン)アイスリンクでハイワンと対戦、6―2で快勝し連敗を5で止めた。

 フリーブレイズは第1ピリオド、DFジャレットのゴールで先制。DFスティーブンソン、FW水内が追加点を挙げ、3点をリードした。第2ピリオドは1点を返されたが、FW河合とFW篠原亨が得点し点差を広げると、DFジャレットがこの日2点目となるだめ押しのゴールを挙げ、勝負を決めた。

 次戦は27日に同会場でアニャンハルラ(韓国)と対戦する。午後1時30分開始予定。