ブレイズ、先制実らず  アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東北フリーブレイズ―栃木日光アイスバックス】GK伊藤を中心に体を張ってゴールを守るフリーブレイズの選手

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは10日、各地で4試合を行った。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はテクノルアイスパーク八戸(青森県)で栃木日光アイスバックスと対戦、1―2で逆転負けした。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW山田淳のゴールで先制したが、第2ピリオドに同点に追いつかれた。その後、両チームとも決め手を欠き、延長戦でも決着が付かず、ゲームウイニングショットの末、敗れた。

 次戦は11日に同会場でアイスバックスと対戦する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る