決勝は白河楽翁×川俣 民友旗争奪県還暦軟式野球

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【二本松ベースボールク―川俣シルクスターズ】完投した川俣シルクスターズの鈴木和=市営第2球場

 県内のシニア選手(58歳以上)が熱戦を繰り広げる第14回民友旗争奪・県還暦軟式野球選手権大会第2日は11日、会津若松市の市営第2球場と門田多目的運動場で準々決勝、準決勝を行い、白河楽翁クラブと川俣シルクスターズが決勝に駒を進めた。

 準決勝で白河は終盤の好機を生かして会津若松球友会に5―1で快勝、川俣は二本松ベースボールクラブを8―3で下した。白河は5年ぶり2度目、川俣は9年ぶり2度目の決勝進出で会津と二本松は3位。決勝は12日午前9時から、市営第2球場で行われる。

 県還暦軟式野球連盟、福島民友新聞社の主催、県、県体協、会津若松市、市教委、市体協、読売新聞東京本社、福島中央テレビ、会津野球連盟、会津若松野球協会の後援、ナガセケンコーの協賛、会津若松球友会の主管。

民友セレクション