郡山北工、福島東稜が優勝 福島県高校新人ソフト

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県高校新人体育大会ソフトボール競技最終日は12日、いわき市の好間多目的広場などで男女の決勝などを行い、男子は郡山北工が3年ぶり25度目、女子は福島東稜が4年ぶり7度目の優勝を飾った。

 両校は来年3月に開かれる全国大会に出場する。男子の郡山北工と準優勝の須賀川、女子の福島東稜と準優勝の橘の4校は24、25の両日、宮城県東松島市で開かれる東北大会に出場する。