磐城二高卒・細野が4度目の防衛果たす

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ボクシング日本フェザー級タイトルマッチ10回戦は22日、東京の後楽園ホールで行われ、細野悟(大橋ジム、磐城二高卒)が渡辺卓也(青木)を判定で下し、4度目の防衛を果たした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6