ブレイズ競り勝つ アイスホッケー・アジアリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東北フリーブレイズ―チャイナドラゴン】第1ピリオドで先制点を奪う田中遼(右から2人目)

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは24日、各地で3試合を行った。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸でチャイナドラゴン(中国)と対戦、6―4で競り勝った。

 フリーブレイズは第1ピリオドの開始早々、FW田中遼のゴールで先制。同点に追い付かれたが、DFジャレット、田中遼がゴールを奪い、3―2とリードを守った。第2ピリオドに1ゴールずつを挙げ4―3で迎えた第3ピリオド、FW河合とFW元野がネットを揺らし、突き放した。

 次戦は25日、同会場でチャイナドラゴンと対戦する。午後3時開始予定。