ホープス岩村監督ら、知事表敬 後期優勝を振り返る

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事にサイン入りユニホームを贈った岩村監督(右から2人目)、扇谷社長(左)、笹平主将(右)

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスを運営する福島県民球団の扇谷富幸社長とホープスの岩村明憲選手兼任監督、笹平拓己主将は29日、今季終了あいさつで県庁を訪れ、内堀雅雄知事と懇談した。

 新規参入した今季は前期の東地区最下位から後期優勝をつかみ取った。岩村監督は「後期は選手一人一人に少しずつでいいから変わっていこうと訴え続けた。日本プロフェッショナル野球組織(NPB)を目指す思いを再確認させたところ、各選手が大きく成長してくれた」と今季を振り返り、自身のサイン入りユニホームを内堀知事に贈った。

 内堀知事は「少しずつでいいから変わろうというのはわれわれの復興と似ている。一度に復興を成し遂げることはできないが一歩ずつでも進んでいけば必ず、たどり着ける。今年のホープスの後期優勝は、われわれにとってお手本になる」とたたえた。

 岩村監督は内堀知事との懇談後、報道陣に退団した真田裕貴、村田和哉の両選手兼任コーチの後任について「決まっていない。これからNPBなどのトライアウトもあるので、それらが全て終わってから決まるのではないか。年内中に決まれば」と話した。