福島県は初日「2位」発進 奥羽横断駅伝が開幕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第55回奥羽横断駅伝競走大会は31日、岩手県西和賀町役場前をスタートに開幕した。初日は秋田県横手市役所前までの6区間43.7キロを行い、県対抗の部に出場した本県は首位の山形県に1分4秒差の2位につけた。

 大会には東北6県の代表が出場。西和賀町から秋田県由利本荘市までの12区間、100.3キロでたすきをつなぐ。